病院長より

病院長より
病院長 関原 哲夫

当院は、「患者の満足を第一に考え質の高い医療を提供する」を理念として、地域医療支援病院、地域災害拠点病院、臨床研修指定病院、群馬県がん診療連携推進病院等の指定を受けると共に、24時間・365日救急体制で地域の皆様が安心して生活できる病院づくりを目指しております。

がん診療では手術や化学療法にとどまらず、ガンマナイフ治療、強度変調放射線治療など最新鋭の放射線治療機器で高度な専門医療を提供し、さらに免疫療法、温熱療法にも取り組んでおります。また、「がん何でも相談」など相談支援体制も充実させ、全人的がん治療を行っています。本年は泌尿器科腹腔鏡手術センターを開設し、前立腺癌、腎癌、腎盂尿管癌等の腹腔鏡手術が可能となり、さらに病理専門医を迎え質の高いがん診療を提供できる体制が整いました。

救急体制では、24時間365日循環器の救急患者受け入れが可能となり、また、脳神経外科によるt-PAも実施されております。その他臨床では、生体腎臓移植、ハートセンターでオフポンプ冠動脈バイパス術も施行しております。 また、臨床研修指定病院として多くの研修医を育成してまいりました。今後も教育施設としての使命感を持ち、充実したプログラムを提供してまいります。

国民医療費の高騰が叫ばれるなか、わが国の医療は相互に役割を分担する必要があることから、地域の病院、診療所の先生方と密接に連携して地域完結型の医療体制を構築してまいりました。

今後も、さらにシームレスな地域医療の構築に尽力していく考えです。

ページの先頭に戻る