平成28年度 日高病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 23 83 94 204 388 702 1655 2081 1523 397
<集計方法>
平成28年度の退院患者数を10歳刻みで集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
<当院の特徴>
当院の入院患者さんは、60歳以上の占める割合が79.1%、80歳以上が26.9%と比較的ご高齢の患者さんが多くを占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180010x0xxx0xx 敗血症 手術・処置なし 86 19.70 19.24 12.79 79.34
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 29 14.55 16.31 3.45 65.52
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり 27 35.67 34.89 29.63 84.22
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 25 6.08 12.35 0.00 64.08
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 12.75 14.83 33.33 75.67
内科では敗血症が最も多くなっていますが、平成28年度診療報酬改定で肺炎のDPCコードが細分化されたためコード別上位にはありませんが肺炎も73件と多くなっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 150 3.38 3.06 0.67 69.29
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 113 5.08 4.71 4.42 70.21
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 85 5.51 5.85 1.18 71.35
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 19.31 17.95 11.43 82.03
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 22.77 13.02 3.23 66.29
最も多い疾患は、虚血性心疾患(心臓をとりまく血管が狭窄し、心筋に十分な血液が送られなくなる疾患)です。
血管内にカテーテルという細い管を挿入し、狭窄の程度を検査したり、血管の内側から治療を行います。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 9.95 9.08 5.00 69.90
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 22 7.05 7.89 0.00 60.32
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 22 7.68 6.91 0.00 49.91
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 16.48 15.92 4.76 69.14
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 20 4.15 9.02 0.00 72.19
外科は、胃癌、大腸癌などの消化器疾患を中心として、乳腺、甲状腺などの内分泌疾患、痔核、痔ろうなどの肛門病、気胸などの肺疾患と、幅広く治療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 62 44.55 20.57 8.06 78.81
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 56 64.77 27.63 23.21 81.27
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 34 4.26 5.49 0.00 50.15
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 26 3.12 5.33 0.00 18.96
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 16 41.69 20.45 18.75 78.56
高齢化に伴う骨粗鬆症の影響で発症する大腿骨近位骨折、胸腰椎骨折が多くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 20 4.20 9.60 10.00 68.85
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 18 34.22 16.54 5.56 74.11
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 36.13 19.35 18.75 73.75
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 19.17 9.87 16.67 72.67
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 11.09 7.52 9.09 58.36
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり - - 23.36 - -
050050xx0102xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり - - 31.89 - -
050080xx01020x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし - - 34.10 - -
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり - - 3.34 - -
050070xx9701xx 頻脈性不整脈 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2あり - - 30.39 - -
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 33 8.12 8.27 0.00 60.61
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 22 2.05 3.36 0.00 49.59
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 18 5.67 10.53 0.00 40.72
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 13 2.00 3.44 0.00 77.77
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - - 7.72 - -
周囲招待再建術(白内障)は短期滞在手術基本料3のため除外しています。
平成28年度水晶体再建術を施行した患者数は延272人になります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 139 3.63 7.08 1.44 71.19
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 127 4.17 5.83 0.00 59.56
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 97 4.25 7.44 1.03 72.18
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 89 4.25 5.33 7.87 69.30
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 36 10.53 12.43 5.56 77.06
膀胱腫瘍の治療、腎結石や尿管結石に対する治療が多くなっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 96 9.14 12.84 11.46 62.73
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病な 41 10.83 12.43 14.63 77.76
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 39 12.38 14.77 5.13 66.82
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 37 25.59 37.06 18.92 73.27
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 33 16.;70 19.24 9.09 77.18
①蛋白尿・血尿など尿所見異常や腎機能障害に対する検査・治療
②血液透析・腹膜透析の導入
③透析をすでに受入れている方の合併症治療
を3本柱として治療しております。
腎臓外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2なし 146 8.16 12.65 9.59 69.26
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 81 3.74 8.87 14.81 67.30
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 手術なし 手術・処置等2なし 75 2.85 10.01 12.00 68.60
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 50 2.18 3.44 0.00 68.24
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2なし 27 10.04 15.58 18.52 67.78
法人グループ内の透析患者さんだけでなく、他施設で透析中の患者さんのシャント、人工血管の作成、維持、管理も行っています。
さらにシャント・人工血管感染、閉塞のほか、瘤(こぶ)の治療も行っています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 4.23 7.52 0.00 54.46
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2なし 12 14.33 9.25 16.67 71.42
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 7.44 - -
010290xxxxxxxx 自律神経系の障害 - - 5.58 - -
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 3.64 - -
当院では救急搬送後に入院となる患者さんが増加しており、昨年度1,542名でした。
さまざまな救急疾患に対応できるよう診療体制を整えています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 23 2 2 6 8 19 1 7
大腸癌 17 13 24 15 12 50 1 7
乳癌 18 3 2 - - 4 1 7
肺癌 4 11 6 53 10 17 1 7
肝癌 - - - - - 7 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)について、UICC国際対がん連合によって定められた分類及び再発に分けて集計しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 7 7.57 57.43
中等症 134 14.40 78.93
重症 23 13.78 84.26
超重症 6 29.83 80.00
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。
細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザなどのウィルスによる肺炎、誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計外です。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 11 4.36 75.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 93 44.63 75.62 16.13
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
平成28年度の 脳梗塞の病型別患者数を集計しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 39 1.10 3.08 0.00 69.28
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 25 5.00 18.32 4.00 71.08
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 22 0.91 1.27 4.55 66.32
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 20 0.15 3.00 0.00 72.45
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 20 1.00 3.90 0.00 53.45
外科は、胃癌、大腸癌などの消化器疾患を中心として、乳腺、甲状腺などの内分泌疾患、痔核、痔ろうなどの肛門病、気胸などの肺疾患と、幅広く治療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 53 4.74 46.66 18.87 72.81
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 36 2.75 11.47 5.56 54.11
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 33 8.52 66.85 15.15 81.55
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 21 0.86 3.38 0.00 42.43
K0731 関節内骨折観血的手術(肩,股,膝,肘) 14 1.64 3.14 7.14 34.57
骨折、脱臼の手術、人工関節、切断四肢再接合手術(マイクロサージャリ―)を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -
解説準備中
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 14 8.93 40.29 28.57 72.50
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 12 5.67 20.83 0.00 69.83
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
K5943 不整脈手術(メイズ手術) - - - - -
K552-21 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(1吻合) - - - - -
単独の冠動脈バイパス手術には、全例で人工心肺を用いないOPCAB(off pumo coronary artery bypass)を標準術式として
います。人工心肺を用いないことで、脳梗塞リスクを軽減でき、多くの合併症を有する透析患者さんにも有利な手術方法です。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 274 1.00 1.00 0.00 72.58
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 29 1.24 4.76 0.00 67.93
K275 網膜復位術 16 1.00 3.50 0.00 36.31
K281 増殖性硝子体網膜症手術 15 1.00 7.00 0.00 54.47
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 12 0.00 1.00 0.00 77.83
白内障、硝子体手術、網膜剥離を3本柱とし、緑内障、斜視、眼瞼などさまざまな手術を手がけています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 117 1.69 1.38 0.00 59.07
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 94 1.40 1.65 1.06 72.04
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 25 1.24 9.12 0.00 68.92
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 23 1.87 6.74 0.00 65.39
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 20 0.50 1.25 0.00 55.10
膀胱腫瘍、前立腺腫瘍の治療、腎結石や尿管結石に対する治療が多くなっています。
腎臓外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 1021 0.09 0.20 1.27 69.06
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 154 1.16 2.77 13.64 67.58
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 88 2.30 6.85 11.36 70.30
K6105 動脈形成術、吻合術(その他の動脈) 17 1.47 3.29 5.88 60.82
K6072 血管結紮術(その他) 13 0.38 1.92 0.00 61.08
法人グループ内の透析患者さんだけでなく、他施設で透析中の患者さんのシャント、人工血管の作成、維持、管理も行っています。
さらにシャント・人工血管感染、閉塞のほか、瘤(こぶ)の治療を行っているため、上記のように症例が多くなっています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 100 2.09 3.58 4.00 71.74
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 80 3.23 4.39 3.75 69.68
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 30 1.10 20.37 6.67 71.37
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) 21 1.38 16.71 9.52 70.33
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 21 0.00 22.33 9.52 69.43
最も多い疾患は、虚血性心疾患(心臓をとりまく血管が狭窄し、心筋に十分な血液が送られなくなる疾患)です。
血管内にカテーテルという細い管を挿入し、狭窄の程度を検査したり、血管の内側から治療を行います。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - -
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - -
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) - - - -
解説準備中
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.04
異なる 10 0.14
180010 敗血症 同一 57 0.80
異なる 157 2.20
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 1313 18.36
異なる 11 0.15
播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症(主病名)で算定した患者数を集計しました。
当院では、他施設で透析中の患者さんの、シャント、人工血管の作成、維持、管理も行っております。そのためDPC(180040)の症例数が多くなっています。
更新履歴
2017/09/20
平成28年度 病院情報を公表しました
ページの先頭に戻る