がん医療の流れ

日高病院腫瘍センターのがん医療

「がん」は日本人の総死亡者数の3分の1を占めています。「がん」は小さいうちは症状が出ないことが多く、症状が出たときには、もう遅いということがあります。これらのリスクを軽減させるためには、いかに「がん」を早期に発見し、かつ早期に治療する「早期発見・早期治療」が大切です。

がんの早期発見

がんは早期発見で大半は治る時代です。定期的に健診をうけることお勧めします。

がん検診 PET/CT検診

セカンド
オピニオン外来

日高病院以外の医療機関に入院又は通院されている患者様を対象に、当院の専門医が患者さんの主治医からの情報等をもとに、診断内容や治療法等に関して助言を行うことを目的とする外来です。

セカンドオピニオン外来について

がん何でも相談

岡崎腫瘍センター長が相談にのらせて頂きます。ご相談の内容に応じて。がんに精通している看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカーが継続して対応させて頂きます。

「がん何でも相談」について

外来・入院

がんの診断・治療

  • 画像診断
  • 外科手術
  • 放射線療法
  • 化学療法
  • 温熱療法
  • 免疫細胞療法

がん治療中・治療後の
サポート

ご本人やご家族が、がんの治療を受けるうえでの不安や悩み、療養生活や仕事のことについて気軽に相談していただけるよう「がん相談支援センター」を設置しています。

緩和ケア がん相談支援センター

緩和ケア外来

がんなど多くの病気の診断を受けた時から、病気にともなって起きてくる身体の問題や、心の問題と直面します。このような多様化する悩みや問題をお受けします。

緩和ケア外来
ページの先頭に戻る