治療:温熱療法(ハイパーサーミア)

温熱療法(ハイパーサーミア)について

がん組織が正常細胞に比べ熱に弱く、42℃以上で死滅することを利用したがん組織に熱を与える治療法です。がん組織に熱が加わることで、それ自体でがん細胞が死滅したり、自己の免疫反応が誘導されたり、がん細胞に変化を起こさせて他の治療(手術、放射線療法、化学療法、免疫細胞療法)と組み合わせることにより、治療効果を増強させることが期待できます。

温熱療法(ハイパーサーミア)の特徴

  • 浅部から深部まで病巣の深さに合わせて選択的に効率的に治療が可能です。
  • 治療部位は、脳と眼球以外の全ての部位に適用可能です。
  • 局所治療なので、全身への負担がなく外来治療が可能です。
  • 他の治療との併用では相乗効果(治療効果の増強)が期待できます。
  • 副作用がほとんどありません。
  • 健康保険が適用されます。

温熱療法(ハイパーサーミア)の流れ

  1. 1.診察

    紹介状・問診・診察で温熱療法による治療が適切かどうか判断します。他の治療法との併用等も検討します。追加の検査をおこなう場合があります。 治療可能な場合はスケジュール等の説明をさせていただきます。

  2. 2.治療

    原則予約制で週1回の治療で、治療時間は約60分です。

    期間・回数は疾患によって異なります。

  3. 3.効果の確認

    CT・MRI・PET-CT等の検査で効果の確認を行います。

ページの先頭に戻る