泌尿器・腹腔鏡ダヴィンチセンター

泌尿器・腹腔鏡ダヴィンチセンターについて

当センターの特徴としては、第一に集学的癌治療が可能であることです。手術、放射線治療、化学療法、免疫療法を組み合わせた癌治療を積極的に行っています。 

当センターで治療している癌は、前立腺癌、膀胱癌、腎癌等があります。近年増加傾向のある前立腺癌において、当センターでは手術とともに強度変調放射線治療(IMRT)の症例が増えています。また、群馬大学の泌尿器科、放射線科との連携も密ですので小線源療法、重粒子線治療の希望のある方は、群馬大学に紹介しております。膀胱癌に関しては、内視鏡的手術から開腹手術まで行っています。可能な限り膀胱機能を温存するという考えのもとに、化学療法、放射線治療、BCGの膀胱内注入等にも積極的に取り組んでいます。

次に、尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石)の治療にも数多くの実績があります。 体にメスを入れないで石を砕く体外衝撃波結石破砕術(ESWL),内視鏡的結石破砕術(レーザー破砕も含む)が可能です。

その他、前立腺肥大症の内視鏡的手術、尿路感染症の治療も数多くの症例を経験し実施しております。
当センターでは、経験豊富な4名の常勤医師が入院外来治療を担当し、安全で質の高い医療と患者さん中心の医療を常に心がけています。また、地域支援病院として地域医療の救急医療にも貢献できるよう、夜間、休日もオンコール体制をとり救急疾患にも対応可能です。

腹腔鏡手術について

腹腔鏡(体腔鏡)手術とは

画像をクリックすると拡大します。

お腹に1-2センチの穴を数箇所あけて、その穴にトロカーと呼ばれる筒を挿入し、このトロカーから、カメラ、ピンセット、はさみ、電気メスなどを出し入れして、臓器摘出や臓器再建の手術を行います、炭酸ガスを注入してお腹を少し膨らませて、モニターに映し出された術野を手術室内の全員で確認しながら手術を行います。

低侵襲手術支援ロボット(ダヴィンチ)について

当センターでは2016年10月、最新の低侵襲手術支援ロボット da Vinci Xi を導入いたしました。

da Vinci Xi は、従来の手術支援ロボットに比べ、より高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像を見ることができ、人間の手の動きを正確に再現する装置です。こうした特長により、術者は鮮明な画像の下、精緻な手術を行うことができます。da Vinci Xi を利用することで、ロボット支援下前立腺摘出術には、腹腔鏡手術と同様、開腹手術に比べ以下のようなメリットがあります。

腹腔鏡手術の利点

カメラの拡大視野で手術操作を行うので、肉眼では見えにくい細い血管やリンパ管が見えて、丁寧な手術操作をします。そのため、出血量は従来の開放(開腹)手術に比べて、極めて少ないことが多いです。

従来の開放(開腹)手術と比較して、皮膚切開が小さく、筋肉を切断することが少ないので、手術後の痛みが早く軽減してきます。術後の創部感染は開放(開腹)手術より少なく、傷も目立ちません。ほとんどの手術で手術翌日から歩行開始でき、入院期間の短縮が可能になります。

腹腔鏡手術の欠点

炭酸ガスの影響が出ることがあります。手術後の肩の痛み、皮下気腫などが生じることがありますが、数日で自然軽快します。手術中に炭酸ガス濃度が上昇すると、手術後人工呼吸器を装着することがありますが、非常に稀です。開放(開腹)手術に比べて丁寧な操作をするために、時間が長くなることがあります。また、逆のこともあり、熟練した手術者が手術を施行すると開放(開腹)手術より時間が短くなることもあります。

手術中の大量出血や周辺臓器の損傷が生じた場合、腹腔鏡手術で対応困難と判断した場合は、通常の開放(開腹)手術に切り替わることがあります。

開放(開腹)手術や腹腔鏡手術のどちらにも、それぞれ利点や欠点があります。泌尿器腹腔鏡手術センターでは、腹腔鏡手術の利点を最大限に利用すべく泌尿器科で取り扱う主要な手術(下記参照)は、できる限り腹腔鏡手術で対応しようと考えております。

対応手術 副腎摘除術、腎摘除術、腎尿管手術、前立腺摘除術、腎盂形成術など
ページの先頭に戻る