日高会のキャリア開発

人材育成方針

人材育成ステップ

日高会のすべての職員に対して、「専門サービス実践能力(技術・知識)」「問題解決能力」「マネージメント能力(セーフティーマネジメント・リーダーシップ)」「人間関係能力(コミュニケーション・倫理感)「教育研究能力」を臨床実践能力の5つの柱として人材育成を行います。それぞれの能力に対して、LEVEL Ⅰ~LEVEL Ⅳの能力レベルを明確にしてキャリアアップできる仕組みを準備しています。

キャリアステップとしては、専門業務のスペシャリストとしてキャリアアップしていくコースと管理職としてのキャリアアップしていくコースも設けます。

ページの先頭に戻る