腎臓外来

CKD(慢性腎臓病)について

CKD(慢性腎臓病)とは、腎臓の機能低下があるか、もしくは腎臓の障害を示唆する所見が慢性的(3カ月以上)に持続するもので、そのまま放置すると最終的には末期腎不全となり、人工透析や腎移植を受けなければならない病気の概念です。また、心・血管病のリスクも高まるとされています。
その原因の多くは、腎炎や糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病です。初期のCKDはほとんど自覚症状がなく、気がつかないうちに腎機能が低下してしまうことがあります。 CKDでは早期発見、早期治療により治癒させることも可能です。上記のような生活習慣病がある方や、健康診断等で尿に異常があると指摘された方など、一度専門の医師にご相談ください。

医師紹介

  • 小林 充

    副院長

    専門領域 一般内科 腎臓内科 人工透析 嚥下障害 睡眠時無呼吸症候群
    認定医・専門医など
    • 日本透析医学会専門医
    • 日本内科学会認定医
    • 日本医師会健康スポーツ医
    • 日本障害者スポーツ協会認定障害者スポーツ医
    • 人間ドック学会認定医
  • 竹内 茂

    腎臓内科部長

    専門領域 一般内科 腎臓内科 人工透析 リウマチ疾患
    認定医・専門医など
    • 医学博士
    • 日本透析医学会専門医
    • 日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
    • 日本内科学会認定医
    • 日本内科学会総合内科専門医
    • 日本リウマチ学会リウマチ専門医

外来スケジュール

受付時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午後2:00~5:00 竹内 小林 小林
(2・4週)
竹内